浴室掃除

必見!鏡の汚れ!厄介な鏡のウロコ取り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鏡の汚れについて

お風呂場や洗面所などの鏡にかかった白いモヤのような汚れ。
どんなに洗っても落ちないし、落ちたと思って拭いて鏡を乾かしたら実は落ちてなかった。
そんな汚れはありませんか?

その汚れこそが鏡の『ウロコ汚れ』です。

この汚れは、鏡についた水道水の水滴の中に含まれるカルキやカルシウムなどを始めとしたミネラル各種が、水分の蒸発に取り残されて固まり、それが積み重なることで出来る汚れです。
これは岩のように固まっており、スポンジや布巾でこすってもそうそう落ちるものではありませんし、かと言って硬い研磨剤を使用して削り取ろうとすると、鏡の方に傷が入ってしまう非常に厄介な汚れです。

今回は、プロが行う鏡のクリーニング・ウロコ取り方法やご家庭で出来る掃除方法をいくつかご紹介致します。

鏡のウロコ取りを行うのに使用する準備物の紹介

【酸性洗剤もしくは鏡磨き洗剤】
鏡についたウロコは水滴の中に含まれるカルキやカルシウムなどを始めとしたミネラル各種が固まったアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤が有効です。
市販のクエン酸やトイレ用洗剤、洗剤ではないですがお酢も有効です。
また、市販の鏡磨き用の洗剤を使うのも良いでしょう。

【布巾数枚】
吸水性の高い布巾がおすすめです。汚れや水分を残さずきっちり拭き取りましょう。

【ゴム手袋】
アルカリ性や酸性・有機溶媒などを取り扱う場合には必ず、もしもの事故を起こさないよう 安全性を十分に考慮してゴム手袋をして作業しましょう。

【ダイヤモンドパッド】
目が細かく鏡を傷つけないハンドパッドです。
鏡磨き用として100円ショップなどにも売ってあります。

【ラップ】
ウロコ汚れが酷く落ちづらい際に、洗剤を湿布漬けし、密閉するために使用します。

【キッチンペーパー】
ウロコ汚れが酷く落ちづらい際に、洗剤を染み込ませるのに使用します。

【スプレーボトル】
洗剤を吹きかけるのに使います。100円ショップに売ってあります。

【ガラスワイパー】
ガラスワイパーを使用すると、鏡の水分を短時間できれいに拭き取ることができます。

【クレンザー】
軽い研磨剤が入っているため、ウロコ汚れを削り落とすのに使えます。

【掃除に適した衣類など】
汚れや洗剤を身体に付着させないもの(例:三角巾・バンダナ・手袋・エプロン・割烹着)などをお好みで準備しましょう。

全ての清掃道具が必須と言うわけではありません。窓の種類など用途に合った使い方を下記で説明します。

鏡のウロコを落とす方法・手順

① 確認作業

全体の汚れ・手順・準備物を確認します。
この流れを1度きちんとやることで作業を安全に効率的に行えます。
逆に怠ると、思わぬトラブルに陥ることになる可能性がありますので基本を疎かにしないようにしましょう。

② ダイヤモンドパッドでウロコを削ってみる

鏡を水をかけて濡らし。ダイヤモンドパッドで削ってみます。
軽いウロコならこれだけでも落ちてしまう可能性があります。

③ 酸性洗剤を使う

頑固なウロコは酸性洗剤で柔らかくする必要があるので、鏡に酸性洗剤を吹きかけます。
その上からキッチンペーパーを貼り付け、もう一度キッチンペーパーにしっかり洗剤が染み込むよう吹きかけて、更にラップでそれらを密閉してしばらく起きます。
このように、キッチンペーパーなどの紙に洗剤を染み込ませて貼り付ける方法を『湿布法』と言います。

④ ダイヤモンドパッドでウロコを削る

酸性洗剤で中和され柔らかくなった水垢をダイヤモンドパッドで削ります。
これでおおよそのウロコはある程度落とすことが出来るでしょう。

⑤ 確認・繰り返し

鏡を水で流し、ガラスワイパーで水を切り、マイクロファイバークロスで乾拭いて乾かして、ウロコの落ち具合を確認します。
落ち具合がいまいちであれば③~⑤を何度か繰り返してみます。
ウロコが落ちていれば終了です。

日頃のお手入れで鏡を綺麗にたもつ方法

上記のような方法で鏡のウロコを取ることは出来ますが、まずはそもそも鏡にウロコが出来ないようにすることが大切です。
上述した通り、鏡のウロコは鏡についた水道水の水滴の中に含まれるカルキやカルシウムなどを始めとしたミネラル各種が、水分の蒸発に取り残されて固まり、それが積み重なることで出来る汚れです。
なので、鏡に水がかかって濡れた場合、毎回乾く前にキレイに水を拭き取っていれば、ミネラル類が鏡にくっつき固まることはなく、ウロコはできにくくなります。

鏡のウロコ取りをプロに依頼するメリットを紹介

何もお掃除は自分だけでするものではありません。
専門家に任せることで解決することが多々あります。
自身で対応できない場合は遠慮なく頼ってしまいましょう!

ここでは、プロに依頼する事で得ることの出来るメリットをご紹介します。

☑ 鏡のウロコ取りは大抵、浴室や洗面所などのクリーニングのオプションとして付いていることが多いため、それらを丸ごとプロにお願いすることができる。
☑ プロは作業に慣れており、コツや容量も心得ているため、家庭で自分で掃除するより手早くかつきれいに済ませてくれる。
☑ どうしても落とせそうにない頑固な汚れも専門の機材や道具で落としてくれる。
☑ とにかく急いでいる!◯日◯時にまでにきれいにしてほしい!といった要望にも対応!

鏡のウロコ取りプロに依頼した場合の流れ

お問合せ 電話・FAX・メール・入力フォームなどで問い合わせます。
お見積り・打ち合わせ サービス内容・日時(期間)・予算などについて打ち合わせを行い、見積もりが提示されます。
ご契約 見積もりを確認後、了承を得て注文書の発行となります。注文書の発行をもって正式なご契約となります。
サービス実施 ご指定の条件や日時でサービスが実施されます。

鏡のウロコ取りをプロに依頼した場合の料金相場

鏡のウロコ取りは大抵、浴室や洗面所などのクリーニングのオプションとして付いていることが多い傾向にありますので、この料金相場は”浴室のクリーニングにオプションとして鏡のウロコ取りを付けた際の合計”なのですが…

おおよそ18,000~25,000円程度になります。

これはあくまでおおよその値段です。
浴室のクリーニングのオプションでつけるか、または、洗面所であったり別の作業のついでに依頼するかなどにもよって値段は変動します。
また更に言うと、どこの業者さんでも

「依頼の合計額がおおよそ10,000円以上から依頼をお受けします」

等の下限設定を設けている場合が多いので(そうでないと業者さんの方も赤字になってしまいますので…)、プロに鏡のウロコ取りを依頼したい場合の予算額は最低でも10,000円以上で考えていたほうが良いでしょう。

鏡のウロコ取りをプロに依頼した場合の作業の流れ

①まず鏡の曇り方で、ウロコの積み重なり具合・頑固さを判断します。

②さほど曇りが濃くなく、頑固ではない場合は水垢・ウロコ落とし専用の研磨剤入り酸性洗剤を吹きかけ、ハンドポリッシャーに鏡磨き用のダイヤモンドパッドを装着して使用し、そのまま削り落とします。

③相当に積み重なっていて曇りが濃く、頑固なウロコ汚れであった場合、酸性洗剤を吹きかけ湿布法でつけ置きし、放置している間に他のクリーニング作業を行います。

④頃合いを見計らって湿布を外し、更に水垢・ウロコ落とし専用の研磨剤入り酸性洗剤を吹きかけ、ハンドポリッシャーに鏡磨き用のダイヤモンドパッドを装着し、ウロコを削り落とします。
水で流して水を切って、まだウロコが残っているようであれば、その部位にまた研磨剤入り酸性洗剤を吹きかけて、ハンドポリッシャーでウロコを削ることを繰り返します。

⑤ウロコが除去されればマイクロファイバークロスで全体を拭き上げて仕上げ、鏡のウロコ取りの終了です。

最後に

今回は、厄介な鏡のウロコのとり方や、日頃行うべき掃除方法についてご紹介しました。
今回の記事の内容を読み、多少なりとも実践していただければ、ご自宅のなかなか落ちない頑固な鏡のウロコもキレイにすることが出来るでしょうし、鏡にウロコが付く予防を行うことも出来ることと思います。

是非曇りのない鏡で日々の身だしなみを整えて、存分にオシャレを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*