空気調和設備

空気調和設備とは

空気調和設備は室内の人や物に対し、温度や湿度、気流、清浄度を良好な状態に処理・制御するための設備です。万人にわかりやすく言うとエアコンのことになります。人に対する空気調和を保険空調、ものに対する空気調和を産業空調と言います。
空気調和設備は、冷却や加熱のための熱源設備、その熱を運ぶための熱搬送設備、室内の空気の調和を取るための空気調和機設備があり、更にこれらを管理制御する自動制御設備によって構成されています。これらの設備は全てが揃って機能しているものであるため、どこか1つの設備でも故障してしまうと空気調和機設備として機能しなくなってしまいます。そのため、定期的な保全が不可欠になっています。

空気調和設備の制御方法

全体制御方式

個別制御方式

ゾーン制御方式

空調システムの衛生管理

エアコンなどの空調機内部の温度や湿度の条件は、微生物などが非常に繁殖しやすい環境となっており、空調機内には多くの菌が生息しています。それらが繁殖することによって、室内にいる人の健康に影響が出ることの無いためには、空調機の適切な維持管理が必要です。
建築物衛生法では、「冷却塔や冷却水、加湿装置の点検を定期的に行うこと」「冷却塔や加湿装置に供給する水を水道法で規定された水質基準に適合させること」「空気調和設備内の排水受けの汚れや閉塞の点検を定期的に行うこと」などと定められています。
また、冷却塔や冷却水の水管および加湿装置は、年に1回は清掃を行う必要があります。