ビル・マンション・家の総合清掃会社

清掃管理業務

建築物清掃の位置づけ・意義

清掃は、建築物内外の異物を排除して建築物内外の環境を清潔に維持するために実施します。「ビルクリーニング」と「廃棄物の建築内処理」の2つに大別され、前者の除去対象は「汚れ」「ほこり」など、後者の対象は「ごみ」などの廃棄物となります。 清潔感の追求のみならず、建築物内外における汚染物質の除去を通じて、直接的かつ継続的に環境衛生の維持改善をはかる業務です。清掃作業は、快適で衛生的な空間を提供するだけでなく、生み出すためにも重要な意味を持っています。 より質の高い生産活動を生み出すためにも重要な意味を持っています。

清掃の目的

清掃の目的には、環境衛生の確保や建築物の長寿命化、美観の向上などがあります。計画的かつ適切な方法で実施することが大切です。また、以下のことについても正しく知らなければなりません。
(1) 建材について:化学的性質、耐水性、吸水性、硬度など
(2) 汚れについて:原因、種類、付着状態など
(3) 洗剤について:働き、性質、種類、使用上の留意点など
(4) 作業方法について:部材別,場所別作業方法など
(5) 建材の保護について:床維持剤、防汚剤など

清掃業務の留意点

清掃業務は、常に衛生的な観点に立って行ういます。建築物の用途や規模、 また使用状況によって異なりますが、どのよ うな建築物であっても、綿密な作業計画と、建材などの条件に合った適切な作業が必要です。

作業場所による分類

同じ建築物であっても、汚れの程度や状況は場所によって大きな違いがあります。そのため清掃作業では、作業場所を「共用区域」「専用区域」 「管理区域」「外装区域」の4つに分けて考えます。

共用区域 専用区域 管理区域 外装区域
トイレや玄関、階段 など 事務室 など 中央監視室 など 建築物外面 など

清掃作業周期による分類

清掃作業は、「日常清掃」と「定期清掃」に分けられます。日常清掃は、 原則毎日もしくは週3回程度清掃作業をいい、定期清掃は、週1回・月1回・年数回と、頻度が少ない清掃作業をさします。また、必要が生じた際に随時行う作業を「臨時清掃」といいます。

各所清掃方法

 

お気軽にご相談下さい。 TEL 03-4500-2163 受付時間 09:00 - 18:00 (土・日・祝日含む)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

  • カテゴリーなし
PAGETOP
Copyright © 株式会社インクリ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.