キッチン掃除

本当に役立つガスコンロお掃除術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ガスコンロの掃除はじめに

ガスコンロの汚れは、頑固な油汚れのこびりつきが酷くてなかなか取れないから嫌だと思う方が多いと思います。
しかしながら、調理を行う場所が汚いのは衛生的にも気持ち的にも良くないものです。

今回は、プロが行うガスコンロのクリーニング方法や自力で出来る掃除方法をいくつかご紹介致します。

ガスコンロを効率的に掃除するための準備物の紹介

【アルカリ性の洗剤】
焦げ付きや油汚れなどに使用することで効果的に汚れを除去することができます。
【布巾数枚】
吸水性の高い布巾がおすすめです。汚れと水分を残さずきっちり拭き取りましょう。
【ゴム手袋】
アルカリ性や酸性・有機溶媒などを取り扱う場合には必須のアイテムです。もしもの事故を起こさないよう、安全性を十分に考慮してゴム手袋をして作業しましょう。
【歯ブラシやJブラシ(チャンネルブラシ・ワイヤーブラシ)】
細かな部品まで作業する場合必須のアイテムです。
【メラミンスポンジ】
メラミンフォームが細かい汚れを綺麗に落とし効率よく作業を行えます。
【重曹】
使い勝手が非常によく、幅広く活躍します。
【セスキ炭酸ソーダ】
無機物なので生分解の必要がなく、有機物の合成界面活性剤(石油系合成洗剤)などに比べ環境への負荷が低いのが特徴です。
【スチームクリーナー】
本当にしつこい汚れにはスチームクリーナー。やっかいな油汚れやカビなどに対して、蒸気を噴射して汚れを浮き上がらせます。
【掃除に適した衣類等】
ホコリや汚れを身体に付着させないもの(例:三角巾・バンダナ・手袋・エプロン・割烹着)などをお好みで準備しましょう。

※全ての清掃道具が必須と言うわけではありません。用途に合った使い方を下記で説明します。

ガスコンロにつく主な汚れとして、料理中にハネた「油汚れ」や、料理過程で出た料理クズやホコリが焼かれて冷えるを繰り返して固まった「焦げ」の2つが原因です。
油汚れは食器用の中性洗剤でも溶かして落とすことはできますが、焦げについてはなかなか落ちてくれません。
ガンコな焦げ付き汚れにはアルカリ性の洗剤が効果的です。
「油汚れ」や「焦げ」は酸性の性質を持ち、反対の性質であるアルカリ性洗剤を使うことで中和して効率的に落とすことができます。

また、アルカリ性洗剤の代用品として、ガスコンロの掃除では、自然由来の掃除アイテムである「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」といったものが活躍します。
重曹やセスキ炭酸ソーダは水に溶かすとアルカリ性の性質を持つので、スプレーに入れればアルカリ性洗剤の代用品となります。
最近では、100円ショップなどでもご購入される方も増えてきた人気の商品だと思います。
どうしても落ちない焦げや油汚れには、沸騰させた重曹水が効果的に作用します。
鍋に1Lほどの水を張って、重曹を大さじ2~3杯ほど入れて、そこに五徳や排気カバーなどを入れて5分ほど煮沸すればまとめて綺麗にすることが出来ます。
冷ましてからスポンジでこすれば手強い焦げも綺麗に落とすことが出来ます。

よくあるガスコンロの汚れの種類は?

ガスコンロの汚れには、様々な種類の汚れがあります。

☑ 油が樹脂化したもの

油の拭き残しや流し忘れなどが原因で、付着して放置された油がホコリなどと混ざり、熱・光・酸素によって分厚く堆積し固まったものです。
汚れが非常に落としづらく労力が必要となるのでこびりつく前に汚れを落としておきましょう。

☑ 焦げ付き

熱や料理の成分など様々な原因で起こります。
水だけでなく、洗剤を使うなどして対処しなくてはいけないしつこい汚れです。

☑ 料理で跳ねた油や食材カス

料理をしているとどうしても跳ねてしまう時があります。
目には見えない程の汚れの跳ねなどもあるので小まめで丁寧な掃除が必要でです。

☑ 水垢・石鹸カス

水分の拭き残しや洗剤の拭き残しなどが原因で汚れとなってしまいます。

☑ カビ

コンロ周りのお掃除を放置していると、カビや雑菌の繁殖の原因となります。
油汚れが主な原因かと思われがちですが、洗剤の拭き残しや放置など様々な原因が関わってきます。

毎日のお手入れは大変かと思いますが、汚れへの理解が深まれば効率的に作業をこなせます。

ガスコンロの構造について

ガスコンロは意外に複雑な形をしています。どう掃除するのが効率がいいのかいまいちわからないとなんとなく掃除をしているいう人も多いのではないでしょうか?
ガスコンロの掃除が必要な場所は主に次の5つとなります。

【五徳】
フライパンや鍋・ヤカンなどを置くための道具です。
油汚れや焦げ付きがしつこくこびり付いた場合、掃除しずらい場所です。
【バーナーキャップ】
バーナーの上にセットをする炎が出る部分のキャップのことです。
バーナーの汚れをそのままにして目詰まりしてしまうと、火がつかなくなったり、不完全燃焼を起こしてしまう可能性もあります。

お手入れをしないでおくと、危険性がある場所です。
【受け皿】
料理によるふきこぼれなどが器具内部へ侵入することを防ぐ皿です。
【カバー(排気口カバー・キッチンカバー)】
ガスコンロの一番壁側にあるものです。
油や水を排気口まで流れ落ちるのを防ぐ役割をするものです。
【天板】
ガスコンロ本体などと呼ばれることもあります。
天板の汚れは全体の清潔感に大きく影響します。

ガスコンロの掃除場所は思ったより種類が多いと思います。
五徳周りは物によっては細かい部品もあるので、組み立て方を忘れないように写真を撮って記憶しておくなど間違えるリスクを減らしておきましょう。
天板には

・ガラストリップ
・ホーロートップ・ステンレストップ
・フッ素コートトップ・アルミトップ
などといった天板の素材の種類でおすすめのお掃除の方法が異なります。
あらかじめ、天板の材質を確認しておきましょう。

ガスコンロの汚れを落とす方法・手順

ガスコンロ全体の清掃は頻繁に掃除する場所ではないので難しく思えるかもしれませんが、手順に沿って行けばやり方はとても簡単です。
コツとしては、汚れは一旦洗剤をつけて放置して柔らかくし、その間別の作業を進めるというところです。
手順にそって順番に工夫することで頑固な焦げ付きやギトギトの油汚れも綺麗に落とすことができます。

① 確認作業

全体の汚れ・手順・準備物を確認します。
この流れを1度きちんとやることで作業を安全に効率的に行えます。
逆に怠ると、思わぬトラブルに陥ることになる可能性がありますので基本を疎かにしないようにしましょう。

② 五徳の汚れの分解作業。

五徳をコンロから傷つけないよう丁寧に取り外します。
外した五徳は五徳が付けられる大きさの容器の中に移し、アルカリ性洗剤を入れた熱湯に浸け置きし、そのまま20分~30分ほど時間をおいておきます。
すると熱によって油汚れがゆるくなり、洗剤もしみ込み汚れを落ちやすくしてくれます。

シンクや掃除場所は汚さないように周囲には新聞紙や養生シートを使うと良いです。

③ 天板の掃除

五徳の汚れを分解している間に、トッププレート部分を掃除します。
アルカリ性洗剤を吹きつけた布で拭き掃除を行います。
ギトギトの油汚れや焦げによる汚れは五徳と同様に少し時間を置いて下さい。
トッププレートに直接スプレーするか、または布での拭き掃除時には、細かな隙間などに洗剤が入り込んでしまわないように注意して行いましょう。

・ガラストップの場合
見た目が美しく、現在の主流となりつつあります。
1. スポンジに食器用中性洗剤または水を含ませて、天板についた汚れを拭き取りましょう。
2. 汚れが頑固で取れないときには、ガラストップ専用のクリーナーを布につけて拭き取るか、クリームクレンザーを布につけ拭き取ります。
3. 乾いた布で最後に天板を乾拭きして完了です。
※注意点
クリームクレンザーは塗装剥がれや光沢がなくなったりする原因になる場合もあります。
ガラストップ専用のクリーナーも売ってあるのでそちらの方が確実です。

・フッ素コートトップ・アルミトップの場合
油をはじいてくれる性質があり、お手入れが楽なのが特徴。
1. 食器用中性洗剤と水をスポンジにつけ、天板の汚れたところを拭き取ります。
2. 乾いた布で最後に天板を乾拭きして完了です。

・フッ素コートトップ・ステンレストップの場合
耐久性に優れているのが特徴です。
1. クリームクレンザーをスポンジにつけて、汚れたところをこすって汚れを落とします。
2. 乾いた布で最後に天板を乾拭きして完了です。
※注意点
ステンレストップには、スポンジの固い方は使わないように注意しましょう。表面が固い部分を使うと、ステンレス素材は傷つきやすく痛みの原因となってしまいます。

④ バーナーキャップや排気カバーを洗う

炎が出る場所であるバーナーキャップは長期間使い込むとゴミが詰まって目詰まりする可能性があります。
大抵のバーナーキャップ持ち上げれば外れるので、歯ブラシやJブラシなどでゴミを払い落としましょう。

コンロの奥側にある金属のフィルター(排気カバー)にも、油汚れが詰まっています。アルカリ性洗剤を吹きつける、もしくは洗剤を染み込ませた布でベタつきを落として綺麗に仕上げましょう。

⑤ 取り付け作業

洗剤につけて放置していた五徳をすすいで、軽くメラミンスポンジなどで仕上げ、布巾で拭き上げたら、最後はもとに戻せば作業はほぼ完了です。
最後に問題がないか最終確認を行い、綺麗になったキッチンを愛でましょう。

毎日の手入れでガスコンロを綺麗にたもつ方法・頻度

毎日の手入れでガスコンロを綺麗にたもつ方法は、「調理後すぐ掃除すること」に限ります。
料理後のお掃除はめんどくさいと思われる方が多いと思いますが、放置した方が後々掃除すること大変だと思うことは間違いないでしょう。

調理後のコンロであれば温かく、汚れは非常に落ちやすくなっています。
冷えて固まってガンコな焦げ・油汚れに変わる前に掃除にかかれば、掃除に使う労力がぐっと減少し、日常生活に時間を割くことが出来ます。
後回し癖を改善し、日々の簡単掃除で後の手間を減らしましょう。

【ガスコンロの部品別掃除頻度】
ガスコンロは「五徳」「 天板(トッププレート)」の汚れが目につきやすく、放置するとすぐに頑固な焦げ付きになってしまいます。
基本的には使用後は毎回掃除をするのがおすすめです。

「バーナーキャップ」と「 排気カバー」は週に1回程度のペースで掃除するのが理想だと思われます。
頻繁に汚れがたまるような場所ではないので、利用状況に応じ掃除をしてください。

ガスコンロの汚れをプロに依頼するメリットを紹介

何も掃除は自分だけでするものではありません。専門家に任せることで解決することが多々あります。
自身で対応できない場合は遠慮なく頼ってしまいましょう!

ここでは、プロに依頼する事で得ることの出来るメリットをご紹介します。

☑ どうしても落とせそうにない頑固な汚れも専門の機材や道具で落としてくれる。
☑ 面倒な作業も任せることができ、自分の時間を確保できる。
☑ 分解しようにも構造が複雑…自身では無理な分解作業もやってくて内部もピカピカ!
☑ 剥がれてきたコーティングも全部おまかせ!
☑ とにかく急いでいる!〇日○時にまでにきれいにしてほしい!といった要望にも対応!

ガスコンロ掃除でプロがよく聞かれる質問!

Q.  頑固な汚れが落とせません!どうしたら良いでしょうか?
A.  汚れには原因があり種類があります。汚れの原因や種類を理解し、素材や種類に会う洗剤で洗浄しましょう。

Q.  コンロ掃除が地味に面倒です。何か良い方法はありませんか?
A.  1度がっつり掃除した後に適度に掃除するのが良いと思います。掃除は面倒かもしれませんが、さぼってしまうと取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。大事な食生活を支える場所なので清潔に保ちましょう。

ガスコンロの汚れをプロに依頼した場合の流れ

お問合せ 電話・FAX・メール・入力フォームなどで問い合わせます。
お見積り・打ち合わせ サービス内容・日時(期間)・予算などについて打ち合わせを行い、見積もりが提示されます。
ご契約 見積もりを確認後、了承を得て注文書の発行となります。注文書の発行をもって正式なご契約となります。
サービス実施 ご指定の条件や日時でサービスが実施されます。

ガスコンロの汚れをプロに依頼した場合の料金相場

プロに依頼した場合の料金相場は

おおよそ10,000円 ~ 25,000円程度です。

ガスコンロのお掃除を依頼する場合は、キッチンクリーニングの分野での依頼となり、業者によって作業箇所で値段を決めていたり、場所の大きさで値段が決まっていたりと値段もやり方もそれぞれです。
一概にどこが良いとは言えませんが、作業実績や支払い方法、満足度の評価が高いといったサポート充実した信頼のある業者を選ぶのが無難だと思います。

ガスコンロの汚れをプロに依頼した場合の作業の流れ

【確認作業】
キッチンの現在状態の確認作業(各機器の動作確認・汚れ具合・材質確認など)を行い、清掃サービスの準備をします。
【壁面・窓(内側のみ)・収納棚(表面のみ)の洗浄】
材質に合わせ、専門の洗剤を塗布し洗浄します。
【分解洗浄】
分解できるものを全て分解し、それぞれの部品(パーツ)にあった洗浄を行います。
汚れ具合を観察しつつ漬け置きにします。しつこい焦げ付きや汚れは、傷つけないように最新の注意を払いながら落としていきます。
※扱いが難しい薬剤を使う場合もあります。
【レンジフードや換気扇の洗浄】
分解作業などを行い材質に合わせ、専門の洗剤を塗布し洗浄します。
※プランにより作業が異なります。
【キッチンシンク・蛇口・排水口などの洗浄】
材質に合わせ、専門の洗剤を塗布し洗浄します。
※プランにより作業が異なります。

【取り外し部品の取り付け後、拭き上げ】
分解洗浄後の部品を取り付け、拭き上げ作業を行います。

【最終確認】
お客様と全体確認を行い、作業を完了します。

 

最後に

今回はプロが行うガスコンロのクリーニング方法や、家庭で自力で出来る掃除方法をいくつかご紹介しました。
食材を扱い調理を行うガスコンロが汚れっぱなしであるのは気分的にも、そして実際の衛生的にも望ましいものではありませんね。
頑固にでキレイにするのが難しい汚れの多いガスコンロ周りですが、今回の記事の内容を読み、多少なりとも実践していただければ、ご家庭でも効率よく清潔に保つことが出来ますし、プロの業者に依頼すべきタイミングなどについても多少なりとも掴めることと思います。

是非ともコンロを衛生的に保ち、美味しい料理をお作りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*